マヤ人

自然がくれた宝ものパワーストーン

まだ人類が出現する太古から存在していた、私達からすれば「地球上の大先輩」とも表現出来る石達。
やがて出現した我々の祖先が文化文明思想などを構築する時期を迎えた時には既に、身の周りの「石」という存在の不思議な力に気づいていた事は、歴史上の文献からも確認されています。
当時の人達は未だ科学的な知識など皆無同然だった、頭上に広がる宇宙から届くパワーを自分達に届けてくれる、あるいは地球が有するパワーを秘めた信仰物として捉えていたのです。

そんな「石」には増幅機能が秘められているという見解にも説得力があります。
石を有する事で自分のどんな願望運気にパワーが届けられるのか、それを的確に知れば確実な効果を得られると言う説であり、多くの人達がそれを実行しているのです。
この事実が存在しているからこそ、今日パワーストーンは我が国の人気商品として流通していると説明すれば、誰もがご理解納得される事でしょう。

ここで必要となるのが、自身の内なる「気づき」であり、たとえば「この石を持つ事で自分には幸運が届けられる」と気づき信じていれば、それが現実となるという流れです。
石が最初に幸運を1つ呼び寄せ、その幸運がまた1つ次の幸運を運んで来るのです。
それに「気づく」事が出来るか否か、それは各自の心に委ねられるという事なのです。

あるいは石に「癒し」を求める目的で身につける人も少なくありません。
太古の昔から中には数百万年の時を経て、地球上の後輩である私達人間に対して石が「疲れや心の傷を癒す力は実はアナタ達の内側に存在しているのだ」と語りかけてくれるのです。
そんな石からの囁き言葉に「気づく」事が出来るのであれば、それは「自力治癒」というそれまで自覚していなかった自身の内なるパワーの増幅という形で効果を実感する事となるのです。

自然という全てが「基本偶然の連鎖継続」で生まれた石達。
それらに自らの運気上昇を願い、パワーストーンと認識したのは知能を有する私達人間の言わば「後付けの行為」でもあるのです。
自然が与えてくれたパワーストーンを「宝物」と捉える事が出来るのも、数々の生命体の中で私達人間だけに与えられた特権なのです。
長い歴史の中、人々はその時々で「これを叶えたい」「これを改善したい」と願う場面に各々が遭遇し続けて来ていますし、それは現代を生きる私達も一緒です。
皆さん自身が「これだ」と直感したお気に入りのパワーストーンを身につけて、充実した毎日を過ごす事が出来る事自体、自然からの大きなプレゼントだと言えるのです。

パワーストーンを購入するときは、クレジットカードhttp://credit-card-ranking.net/がおすすめです。
マイルやポイントが貯まるので、普通に買うよりも絶対にお得です。

名前がついているオリジナルのパワーストーンは、商標登録されている可能性があります。
商標登録されている名称を無断で使ってしまうと、商標権侵害で訴えられてしまい、賠償金などを支払うことになってしまします。
そうならないために、商標についてhttp://xn--czro89bz5ie22a.com/kaisetsu.htmで勉強しておきましょう。

Copyright(C) 2013 石の過程を知る事で得られるもの All Rights Reserved.