マヤ人

自然物崇拝心から生まれたパワーストーン

太古の人々も私達と同様、人間の五感を当然有しており、当時の社会を生きる日々の中、時に心の拠り所を無意識の中求めていた事も容易に想像出来ます。
今日のテクニカルな経済社会とは異なり、人造的な物質や商品などは殆ど見当たらない暮らしに於いて、そんな彼らが死産と崇拝したのが自然物でした。
例えばそれは足下に転がる「石」といった存在だった事も、歴史的な数々の検証を通じて確認されています。

そうした崇拝心は人から人へと伝達されて行き、共通した価値感に基づく自然物崇拝心を人々が共有するようになったのも自然な流れと言えます。
例えば長い年月、河川の中を転がり続けて球体となった石の形状に対し、人々は不思議な力の集中を感じ始めたのかも知れません。
自然物崇拝の風習は世界的にあちこちで確認されており、それら崇拝の対象となる存在も多岐に渡っています。

そんな中、日常身につける事で心身の安定や不思議なパワーが感じられると人間の五感が判断した「自然の石」そのものをパワーストーンの原型と捉える事になったのも不思議ではありません。
やがて人々は個性的幻想的な模様を表面に描く石を選び収集し、それらを加工する技術を知るに及んで「パワーストーン」を作成するに至ったのでしょう。
いつの時代も人々はそれぞれの人生を一生懸命生きています。

喜怒哀楽という人間ならではの感情感覚が人々各々に「叶えたい願い」「達成したい目標」を見据えさせたのも当然です。
古の人達は自分達の身近な自然物の美しく不思議な造形や色彩に魅せられ、そこに自らが欲するパワーを求める事となったのも容易に想像出来る事なのです。
彼等も私達同様、時に勇気を持って対峙し、それを克服すべく独り挑みつつも心が折れそうになり、そんな自分を守り力を与えてくれる「何か」を欲したに違いありません。

思わず天を仰ぎ、太陽と月と無数の星達が広がる宇宙という未知広大な空間から届けられるパワーの気配に気づき、「少しでもそれを我が心身に得たい」と望んだ事も数え切れないのでしょう。
こうして自然物の崇拝心がキッカケとなり、今日さまざまな形状色調のパワーストーンを私達はその目的希望に応じて手にする事が出来る環境を生きているのです。
太古の人達が自然物に想いと願いを馳せ、そんな崇拝心を共有伝達し始めてくれたその瞬間から既に、皆さんのお手元のパワーストーンには不思議確かな力が備わっていたのでしょう。
そんなふうにパワーストーンの歴史を振り返り想いを馳せるだけでも、不思議なパワーが感じられて来ると思いませんか?

中国では昔から親しまれている高麗人参http://xn--gmq95jgyynf6avmmojf.com/01ko.htmlを知っていますか?
疲労回復や生活習慣病など、あなたが抱えている身体の悩みをきっと解決してくれると思います。
サプリメントタイプで飲みやすいので、是非一度試してみてください。

Copyright(C) 2013 石の過程を知る事で得られるもの All Rights Reserved.