マヤ人

マヤ人とパワーストーンの関係

マヤ人が構築する社会は身分階級制であり、いわゆる高い身分とされる貴族クラスの人達はパワーストーンの範疇と判断出来る数々の石や宝飾品を羽織にあしらって身に纏っていました。
また当時のマヤ人達は太陽、月、宇宙などに関連する諸々を神と崇める信仰心を共有しており、自然の中に崇拝像を探し求めていた事が確認されています。
更にマヤ人達ならではの風習として、13と言う数字を「銀河の音」と位置付けて神聖(ツォルキン)暦の中に採用し、古代から宇宙から届くパワーを得ようとしていたのです。

地形的にも決して豊かな土壌とは言えない密林の中で独自の文明を長年に渡り守り繁栄させた後、突然消滅してした謎の多いマヤ文明を構築したマヤ人に関しては、今も多くの謎が残っています。
それでも非常に厳しい生活環境の中、宇宙という頭上に広がる広大な空間にパワーを求めたのは至極自然な流れだとも推察出来るのです。
古代マヤ人に関しての謎や推察を挙げて行くと、次の様な数々の不思議と対峙する事になります。

まずは金属を製造していた形跡も大きな運搬道具も有していなかった当時、どのように密林の中に巨大文明を切り開き受け継ぐ事が出来たのか、それだけでも大きな疑問です。
また巨大ピラミッドを構築した以上、そこに高度な数学理論が存在していた事が伺えるのも驚きです。
そして水星や金星の軌道を当時既に計算出来たなど、天文学に於いても今日と変わらぬ天文学が確立されていた事も注目に値します。

ちなみに冒頭で触れたマヤ人が身につけていたパワーストーンですが、身分階級によって「ジェダイト」「エメラルド」「オニキス」などであった事が確認されています。
これらの天然石のどれがどの身分に採用されたのかは確実な資料が見当たりませんが、当時から宇宙のパワーを感じ取る中、自然と選択され振り分けられたと考える説が有力です。
マヤ人は古くから、パワーストーンに触れる事で摩訶不思議なエネルギーhttp://cornucopia-of-colors.com/の存在を感じ取り、それらの石が宇宙からそれらを呼び集めて自分達に与えてくれる事を察知していたのでしょう。

今日の理屈概念では説明がつかないマヤ文明の数々の謎と共に姿を消したマヤ人ですが、彼等が愛し信仰したパワーストーンの力は今日の我々にも確実に伝わっているのです。
そんなマヤ文明とマヤ人に想いを馳せながら空を仰いでみるだけでも、当時の彼等が感じ取っていた宇宙からの説明の力が私達にも降り注いでいるような感覚を覚える事でしょう。
そんな場面で皆さんの手元にパワーストーンが有れば、それを一層確信出来る事、どうやら間違いありません。

年齢を重ねてきて、段々頭が薄くなってきたと感じていませんか。
薄毛には育毛剤http://xn--9-lfuqezb9d9bu607do38a.com/が効果的です。
毎日続けることで、その効果が実感できます。

Copyright(C) 2013 石の過程を知る事で得られるもの All Rights Reserved.