マヤ人

個人の守護神とされるパワーストーン

今日皆さんがパワーストーンを調達される目的は人それぞれかと思います。
単なるアクセサリーとして衝動買いして愛用する中、次第にパワーストーンの持つ不思議な力にも興味を覚え始め、そこから色々掘り下げて知識情報を収集される方は少なくありません。
あるいは最初からパワーストーンと認識の上、プレゼントする相手の健康や幸運を願ってブレスレットやキーホルダーなどを購入されるケースも数え切れない事でしょう。

こうした多種多様な目的で愛用されるパワーストーンですが、根底には「身につけた人を邪気や悪い運気から守る」という「個人の守護神」の役割を担うという部分で共通点が見られます。
太古から宇宙あるいは地球が有するパワーを秘め、それらのパワーを吸収して私達人間にとってプラスとなるパワーを与えてくれると認識されて来たパワーストーン。
時代や個人の置かれた状況環境に因り、望み欲するパワーこそ違いを見せますが、そこには「個人を守る」という大きな役割を期待する感情が存在しています。

金運、恋愛運、健康運、勝負運、仕事運など、私達には意識無意識の中、自身でも実体が分からない相手何かに「力を与えてください」と望む場面が珍しくありません。
普段身につけているアクセサリーを単なる装飾物と捉えるのみならず、それら石が持つ神秘の力を信じる姿勢を継続する事が、結果「運気」を引き寄せアップさせる事は一慨には否定出来ません。
更に古くからの色々な書物を検証すれば、そこには各々の石が持つ力や効力を確かめる事が出来ます。

事実紀元前より「信仰心に熱く正しい心を持つ人だからこそ、天然石をパワーストーンとして身につけ続ける資格が与えられる」と語り継がれている事が確認されています。
これは言葉を変えると「パワーストーンは邪悪な心で間違った用い方をすると、災いを自らに招いてしまう恐ろしい一面を持っている」と読み取る事も出来るのです。
個人の守護神としてパワーストーンを身につける時、その目的からら「淨化」を外す事は出来ません。

正しい精神状態と心で装着する事で、皆さんとパワーストーンの持つ力が同調を見せ、確かな効果を得られる事になるのです。
そして忘れてはならない点として、パワーストーンも私たち人間と同じく「休息を必要とする存在」である事を念押ししておきたいと思います。
パワーストーンを自身の守護神として単に頼り切ってしまう事なく、協調同調する自らの心の姿勢が求められる事を踏まえ、自身にマッチしたチョイスで身につけてください。

入れ歯や差し歯を使っていて、肌に合わないなと感じっていませんか。
インプラントhttp://xn--eckvdxb1d3bc9195h5fcg77aiei.com/なら、自分の歯と間違えるくらいピッタリ合います。
食べ物もおいしくなりますよ。

Copyright(C) 2013 石の過程を知る事で得られるもの All Rights Reserved.