マヤ人

古代中国に見るパワーストーンの存在

古代中国とパワーストーンを語るに於いては「風水」を避けて通る事は出来ませんので、まずは風水に関する基礎知識を確認するところから話を始めたいと思います。
風水は一言で表現すれば「古代中国の気の科学」であり、天と地に流れるエネルギーを都を造営する際や居住する建物に活かそうとする考えを独自の理論としたものなのです。
当時から多くの風水師が歴代皇帝に重宝され、この思想が海を渡って当時の日本の京都、奈良、更には江戸城などにも影響を与えていた事が確認されています。

この天地を流れるエネルギーは「気」と表現され、あたかも龍が天を駆ける姿と結び付けられ「龍脈」と称されました。
そしてこうした気が流れる箇所を「龍穴」と称し、都の建立や家を建てるのに適した場所とされていたのです。
人々はこの気の流れが快調な場所では心身健康好調であり、対して気の流れが澱んだ場所では体調不良やトラブルに見舞われるなど悪影響を受けると解釈されています。

こうした諸々から現代用語に置き換えて表現すると、風水は「環境整備学」と言えるのかも知れません。
風水とパワーストーンの関係を検証して行くと、例えばブレスレット形状のパワーストーンを身につける事で、次のような効果を得る事が出来ると考えられている事が確認出来ます。
仮に現在皆さんが暮らしている場所が上記の気の流れが良好な場所とは違っていたとしても、パワーストーンを身につける事で環境を好転させるのです。

風水では最も理想的な場所を「四神相応の地」と称しており、これは北が山、南が平野もしくは海、東西が川と道という配置ですが、実際にこの条件下で暮らす人はごく僅かでしょう。
そこでこれらを意味するパワーストーンのブレスレットを腕に装着する事で、この四神相応の地の中心に自らを位置させる、という考え方でそのパワーを得ようという考え方なのです。
パワーストーン自体が古代中国から伝わる風水が示す「理想的な環境」を描いていて、その内部中心部に自らの腕を「位置させる」という、ある意味ユニークな手法です。

実際非常に手軽な手法ですし、多くの愛用者が存在している事からも、その効能は期待値大だと判断して間違いありません。
何しろ古代中国から海を渡り、古の日本各地にも多大なる影響を残しているのですから、安易に無視出来ないパワーが存在している事は否定出来ないでしょう。
金運、恋愛運、仕事運、健康運、家庭運など運気アップを望むに際し、風水の考え方からベストとされるパワーストーンが今日各種販売されており、手頃に入手可能となっています。

パワーストーンで運気が上がったなと感じている方、FXhttp://xn--fx-gh4am7z5bb8557ddz8bps5d85o.com/を始めてみませんか?
今の日本は金利が安いので、預けているよりも有効に資産を活用できます。
パワーストーンに秘めた力は偉大なのです。

Copyright(C) 2013 石の過程を知る事で得られるもの All Rights Reserved.