マヤ人

気分で着けたいパワーストーン

アクセサリーとして愛用されるパワーストーンですから、当然その日の気分で装着する石が異なる事もあるでしょうし、どこにつけるのかもその日の朝の気分次第で不自然ではありません。
たとえばブレスレット状のパワーストーンの場合、右手につけるか左手にするのか、まずは二択が可能です。
ここで予備知識として知っておいて頂きたいのが「パワーストーンを利き腕につけるのか反対につけるのかで得られる効果が異なる」という事なのです。

実は人間の「」は利き腕の反対から体内に入り、利き腕から出て行くと言われてるのです。
パワーストーンを身につけている人の多くが、何らかの理由で「自分のこの現状部分を変えたい」という希望を抱いているからこそ、利き腕の反対に装着するのが効果的なのです。
実際1日の大半の諸々の作業を人間は利き腕で行っています。
当然それだけ神経が集中されていますが、こちらにパワーストーンを装着して問題無いのは、自らの目標を明確に見据えている強い意思を持つ人なのです。

パワーストーンに力添えを期待している人の多くは心のどこかに不安や自信の無さを抱いていますから、中途半端な状態で利き腕につけてしまうと目標が揺らぎ、邪念を招き入れ兼ねません。
上記から言える事として、何かに挑戦したい、更に向上したいなどハッキリとした目的に向かう際の力をパワーストーンに求めるのであれば、利き腕に装着するのがベターでしょう。
たとえば試験当日に答案用紙と対峙している時、運動競技などの真剣勝負の場面など、何かに全身全霊を集中する時には無意識に利き腕に力が入ります。

この行為がパワーストーンとの相乗効果を生じさせ、皆さんに運気を呼び寄せてくれるのです。
その他、新たなチャンスに遭遇したい時、更に新たなパワーが欲しい、転職など人生に於ける心機一転などに際しては、利き腕の逆につけるのがベストです。
自然体で利き腕と反対からパワーを心身に取り込むスタイルを選択しましょう。

最後に時折いらっしゃる「両利き」の方に関してですが、たとえば成長過程で利き腕が変わった場合、生まれてから幼い時期の利き腕を基準に上記を参照してください。
ですが正真正銘均等に左右どちらも利き腕と言われる方であれば、その日その時の直感で選択して大丈夫です。
基本的にパワーストーンはその効力を「信じる」事が大前提です。
身につけようとする皆さん自身の直感こそが、それらから得られるパワーを最大限に増幅してくれると捉えていて問題ありません。
基礎的に押さえておきたい知識を基本に、パワーストーンを装着している事で積極的かつ充実した1日を過ごす事が出来れば、それが1番なのです。

自分の子供をきちんと大学まで進学させたいと考えている方には、学資保険http://xn--ruqz4zs43b2di.cc/おすすめです。
もし両親に万が一の事があった場合は、保険会社がすべて保障してくれるので安心です。

↓パワーストーンの支払いはクレジットカードで

Copyright(C) 2013 石の過程を知る事で得られるもの All Rights Reserved.