マヤ人

インディアンとパワーストーンの関係

ここでのインディアンはアメリカ大陸原住民の彼等を指すのではなく、インドで産出される天然石の意味である事を最初に確認の上、パワーストーンとの関係を掘り下げて行きたいと思います。
これらインドで産出されるパワーストーンは「インディアンアゲート」などと称されており、ブレスレット形状やビーズ形状では赤色、茶色、薄紫色、緑色などが連状にミックスされる特徴を有しています。
こうしたタイプのパワーストーンが私達に運んでくれる効果は幅広いと言われており、ストレスの解消、癒し、思考力向上などが代表として挙げられます。

そして一連の効果を実感する事が結果、日常生活で邪悪、否定的なものから自らを守り、それが円滑な人間関係の構築向上にも繋がると信じられているのです。
こうした各色混合のアゲートはの熱心なファンは多く、その優れた使い勝手も高く評価されています。
ちなみにアゲートの語源ですが、その採取場所がイタリアのシチリア島に流れるアカテス川沿いであり、それがアケートに変化して更にアゲートとなったとの説が有力です。

大地が有するエネルギーを受け継ぐ石とされ、人々は身につける事で豊かな心、感謝の気持ちを抱く効果があるとされています。
今日現代社会では私達の職場、学校での対人友人関係のトラブルを未然に防ぐばかりでなく、精神面を強化する働きも持つパワーストーンとして人気を博しています。
どうしても無意識に走りがちなネガティブな思考感情から救い出してくれ、冷静かつ明瞭な思考力と判断力を与えてくれる、非常に心強い存在なのです。

実際にこれらのパワーストーンの外観を見れば、石の1つ1つの球面が持つ均一感と全方向にその個性的かつ美しい視線の彩を見せてくれるフォルムに思わず魅せられてしまいます。
先に述べた様に、大地が有するエネルギーをその内部に有し、そのパワーを身に付けた人に表面全体から確実に伝え与えてくれる、そんなパワーストーンなのです。
もしかしたらこれらインディアンアゲートは、その石1つ1つが「私達が状況好転出来る不思議なパワーを持つ、小さな太陽」と捉える事が出来るのかも知れません。
パワーストーンが持つ効果と、選び方のポイントについてはこちら。

人間が知り得ない不思議な力を持つこれらですから、今後更に新たなファン層を拡大して行く事でしょうし、何よりパワーストーンに興味を持って間もない方々にとっては見逃せない存在なのです。
何よりその色調フォルムの美しささと多くの人達が、無意識の中欲する効果を与えてくれる事が根強い支持愛用者の心を捉えて離さない、そんな現状が全てを物語っています。

Copyright(C) 2013 石の過程を知る事で得られるもの All Rights Reserved.